虎太郎1歳、ますます甘えっ子な日々。未来2歳、どんどん進化する日々。
2017.06    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31.07.2009
comment:0
trackback:0
去勢手術・避妊手術【その3.退院してからが大変だ・・・ミライ編】
>> ミーコタのつれづれ / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
さてさて、どちらのネコも病院で1泊し
翌朝、迎えに行きました。

ミライの様子は、当時のメモを転記します。
(昨日までのも、これを基に書いてました)

朝10時、ミライのお迎えに。
手術は成功、お腹を剃ったミライは
知らないとこで一晩置いてけぼりにされた怖さも手伝い
すっかり大人しくなってしまった。

家に戻ると
糸を噛み切ろうとし、また、その時糸が引きつる痛みで鳴くので
あわててエリザベスカラーをもらいに
私だけ再び病院へ。

パラボラアンテナつけられたミライは部屋中を後ずさり・・・
「20分ほどで慣れますよ」と看護師さんに言われたけど
夕方になっても、まだ後ずさり・・・

昼1時間ほど私が、その後はダンナくんが添い寝して
なんとか落ち着く。
痛みやエリザベスカラーでストレス満点のミライ。
夜には薬も飲まさないといけない。
ガンバレ、ミライ!!


お腹を大きく剃られ、3センチほど縫われた姿は
ほんとうに痛々しかったです。

ほんまもう、ありえへんし~
micota

といって、夫婦交替でネコに添い寝してたなんて・・・
ネコ飼ってない友達には
いや、ネコ飼ってる友達にもおバカすぎて言えません

病院では、おそらく香箱座りで、じっと前を見据えていて
お腹が気になりながらも
敵(?)に背を向けることができなかったのでしょう。
家についてすぐにお腹の異変を観察しだし
お腹からヘンな糸が出ていることに気づいたのです。

ダメと言ってもやめられません。
すぐに病院に戻り、カラーを購入しましたが
ただでさえ手術後で、ナーバスな精神状態。
そんなものを受け入れられるはずもありません。

既製品は厚みもあり、金属の留め具もついているので
結構大きさも重さもあります。
まだ8ヶ月の♀ネコに、せめてもう少しラクなものをと思い
手作りしてみました。

では、明日はそのカラーについて。
   


 内緒にする
http://micotanikki.blog72.fc2.com/tb.php/35-496766f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。