虎太郎1歳、ますます甘えっ子な日々。未来2歳、どんどん進化する日々。
2017.10    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26.08.2010
comment:0
trackback:0
初日
>> リンナ / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
今日はちょっと長いです。
ウチの記録として残しときたい記事なので
みなさんはどうぞテキトウに読み飛ばしてくださいね~。


件の猫は
おととい夜、望んでいたかのように大人しく病院に連れて行かれ
若先生は初見で乳腺炎かなとの診断。
レントゲンや血液検査をしないと分からないけれどと
そこから検査の方法、このコの体力的負担、私たち保護主の負担から
選択肢を丁寧に説明して下さった。
micota
検査しなければ方針も建てられないと考え
レントゲンと血液検査、もちろん、エイズ・白血病検査も依頼。

結果は
腸ヘルニア(脱腸)、かなり値の悪い貧血、そして4匹を妊娠。
エイズ・白血病は幸いにしてマイナス。
にしても
妊娠?
妊娠?
妊娠~!!??
今日にも生まれてもおかしくないとのこと。
産み残しだか乳腺炎だかの影響で、患部以外まで腫れていると思ってたのは…

取れる方法は

選択肢1:自然分娩。難しければ即手術。
      うまく出産出来たら、体力回復してから避妊手術とヘルニア手術。
選択肢2:帝王切開と、同時にヘルニア手術。
選択肢3:避妊手術(堕胎込)とヘルニア手術。

ただし、彼女は貧血のせいか呼吸が速く
レントゲン撮影のために仰向けにするのもギリギリで
この体調で麻酔をかけること、手術姿勢を取ることはリスクが高いとの診断。
しかし、ヘルニア・貧血持ちで自然分娩がうまくいく可能性も出たとこ勝負。
micota
つまり、どの選択肢もうまくいく可能性と、母子とも難しいという可能性が
同等にあるということ。
現時点では2、3のリスクが高いことから1の方向で進め
「子猫は責任持って里親を捜します!!」と宣言した。

家に連れ帰り、自然分娩に向け様子を見ることに。

ミーコッタは興味津々。
時折、近づきすぎてびっくりしシャーっと吠えていたけど
これだけ興味持ってれば問題なし。

むしろ、彼女は今日一日で
「車」とかいう乗り物に乗せられ
「病院」とかいうとこで怖いことされ
「見知らぬ家」で代わる代わる猫とオッサンが見に来て
ストレスいっぱいだったと思う。

段ボールで産箱を作り、2段ケージをポチって就寝。
めまぐるしい夜だった。


彼女の写真は昨日の車内のものしかないから
今日の写真は、地元の花火大会。
人気ブログランキングへ & bana-3
湖面に映る仕掛け花火が名物なんだけど
今年は風がなくて、なかなか綺麗に撮れなかった。
来年はもっと綺麗に撮れるように腕あげないと~。
   


 内緒にする
http://micotanikki.blog72.fc2.com/tb.php/241-959539ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。