虎太郎1歳、ますます甘えっ子な日々。未来2歳、どんどん進化する日々。
2009.09    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24.09.2009
comment:0
trackback:0
よいしょーっと
>> ミーコタのつれづれ / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
なんだか本日、非常にたくさんの方が訪れて下さったようで
誠にありがとうございます。
「ニュースJAPAN」特集の検索で引っかかるようです。
せっかく詳しいことを知りたくて調べてらっしゃったのに
全くシロートですみません・・・
記事内に、公式へのリンク貼ってますので
詳しいサイトさんへのリンクも貼ってますので
使って下さい。
お急ぎでなかったら、もののついでに寛いでいってくださいね


よいよいよいっと~
micota
我が家のカーテンはレースが内側。
IKEA製のこのカーテン、ふちのフリフリが気に入って買ったので
それが見えるように、IKEAでの展示と同じ方法でかけてました。
が、それが登りやすい理由!?
吊って一年以上。やっと今、コレ書いてて気づきました・・・
レールさえ折れなければいいのですが、コッタン、そろそろヤバいぞよ?

ひっさつ!りょうまたびらき~
micota
ヒヤヒヤしてる私を尻目に、結構上手に下りました。
やるじゃないの。


いろいろ改良祭ですが
左のほうに「簡易型ネコの年齢計算機」ってのをつけてみました。
記事書く時に便利です。(私が)
どうぞ遊んでみてください。
ついでに、先日コタのことを「思春期」と呼びましたが
6ヶ月半のコタは約11歳と判明・・・まあ思春期入口か。


ついでのついでに、昨日までのバナーでは携帯からは非常に見づらいことが判明。
ちょっと大きいのに交換しました。
↓お時間があったらクリックお願いします~。


スポンサーサイト
24.09.2009
comment:2
trackback:0
ニュースJAPAN 滝川命の現場2・3
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
22日放送分の公式はこちら

「パピーミル」つまり、子犬工場についての特集。
糞尿の転がった汚く狭いケージに入れられた母犬たち。
1日1回与えられる餌(水を加えたドッグフード)は暑さで腐り
爪は伸び放題、脚が壊死していたり、またほとんどの犬が皮膚病だったり・・・
とんでもない状況の中で、ひたすら子犬を産まされていた。

いやいやいや・・・
近所の電気屋さんは、毎日大切に売り物の炊飯器を拭いていると言っていた。
行きつけの美容師さんはハサミを大切に研いでいるし
料理人さんも庖丁を研ぐ。
職人さんは工具を磨くし
営業さんは靴を磨く。
キャバ嬢は女を磨く。

どんな職業の人だって、商売道具は大切にするもんだよ?
自分の仕事に誇りを持っているから。

それを、生き物相手に、愛情はおろかプライドのかけらもないその仕事。
ラクして金だけ儲けようとするんじゃないよっっ!!
動物愛護以前の問題だよ!
働くってことをナメんじゃないよ!

感情丸出しでごめんなさい・・・

早急に法規制され、良質な業者だけが残り
動物たちにも、飼い主にも
安心できるペット業界となってほしいと思いました。



続いて23日放送分の公式はこちら

熊本市動物愛護センターでは「殺処分ゼロ」を方針とし
実際、今年4月からの殺処分はゼロになっているとのこと。

素晴らしい!
辛く暗い話が続いた二日間の後で、気持ちが明るくなるお話でした。

が、それ以外の全国では、年間30万頭が殺処分されている。
小さな子犬、病気の治療もしてもらえなかった犬、服を着たままの犬
それらを悪気もなく持ち込む人々。
犬たちは早い市では1日後には殺される。
収容室の壁がガーっと動いて、追いやられる先はガス室。
異変を感じて鳴き出す犬たち。
二酸化炭素が注入され、もがき苦しみながら息絶えていく・・・

犬たちの恐怖を感じた顔
悲痛な叫び声
バタバタと倒れていく最期

これまで、ネットに出ている殺処分の動画は
怖くて見ることができませんでした。
今日は目をそらしちゃダメだ!と思い最後まで見ましたが
可哀想で
怖くて
衝撃的でした。
ショックな映像でしたが、放送されてよかったと思います。
これが目をそらしてはいけない現実なのですから。

ミライもこうなってたかもしれない・・・
恐ろしくて涙が止まらない私を
ミライが隣の部屋からやってきてペロッと舐めました。
「わたしはここにいるよ」って言ってくれたようです。

犬猫の殺処分については
ジュルのしっぽという有名サイトさんが、とても詳しくていらっしゃいます。
犬猫の殺処分方法再検討の要望書」という署名も集めていらっしゃいます。
ネット上で簡単に署名できますので、皆さまもぜひ。
うちのダンナくんも愛読しています。(それは興味ない??)

よかったらこちらも
  ↓

  ↑
クリックお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。