虎太郎1歳、ますます甘えっ子な日々。未来2歳、どんどん進化する日々。
2017.04    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17.06.2010
comment:6
trackback:0
朝刊
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
ぶっちゃんのことを書いた翌朝(15日)の新聞に

こんなのが載っていた。 見にくくてゴメンナサイ
地域猫活動を支援するともありましたよ。

我が市はどうかとHPなど見てみた。
「不妊手術しましょう」とか書いてるが、良くも悪くも積極的な姿勢は見られず、ホッ。
ただ、いいことが分かった。
我が市の市営火葬場は【動物炉】ってのがあって、ペットの火葬も可能。
料金も市民だと、収骨なし4,200円/収骨あり10,500円。
なんと!ワタシも同じ火で焼いてもらえるのね。

ついでに今日、かの悪徳ペット葬祭業者の事件を受けてこんなニュースが出ましたね。
少しずつ、変わっていきそうですね。

話戻ってこの地方紙
ここしばらく猫好きVS猫被害者(と呼ぶのが適切かどうかは置いといて)が
あっつーいバトルを繰り広げてるのです。

上記の隣の投稿。
snap_micotanikki_20106413117.jpg
いつも、VS並べて掲載されてるのが好感持てます。
猫好きさんは、猫被害者の方の辛さを
猫被害者さんは、猫の置かれてる状況を、お互い分かってあげてね
って配慮でしょうか?

で、今日もかわいいコタロウくんです↓↓
人気ブログランキングへ & bana-1
「また出番ないの」って背後からnoco夫が。。。
デカイ声で言うなーっ、本猫に聞こえるっ!
スポンサーサイト
25.01.2010
comment:2
trackback:0
官民一体で目指す「殺処分ゼロ」の街
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
コッタンもう16さいやから、しんぶんよむの。
これ、にっかんいぬねこしんぶん!

micota
惜しいです。
それはトトさんが気になる記事があるからと
会社で貰ってきたSANKEI EXPRESSです。

何読んでるの?
micota
かんづめのとくばい!コッタンはカルカンのがたべたいの。

そう。。。(違うわよ、これ。この子、アホなんかしら?)
micota
ちょっと古いのですが、SANKEI EXPRESS1月19日分に
官民一体で目指す「殺処分ゼロ」の街
って記事が出てました。

言わずと知れた、熊本市の取り組みです。
先日のNHKで「ゼロを守るのはもう限界…」というようなことを仰ってましたが
この記事で「2009年度は犬1匹猫3匹と大きな実績を上げた」となってました。
頑張ってこられた職員の方々、残念だったことでしょう。

それでも、熊本の取り組みは希望だと思うんです。
これに続く街がどんどん出てきますように。


                     みんな幸せになれますように。
人気ブログランキングへ & bana-3
ミライの思いが届きますように。
10.01.2010
comment:6
trackback:0
「なぜ繰り返されるペットの悲劇」
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
追跡!A to Z 「なぜ繰り返されるペットの悲劇」
見ました。

  虐待の取り締まり。悪徳業者の取り締まり。年間30万頭の殺処分。

対策できない理由は

  行政の人手が足りない。キャパを超えている。

こういったことを管轄するのは、地方の保健所・動物愛護センター。
潤沢な予算も十分な人手もないだろうことは、容易に想像できる。

私、手伝いたいな。

そう思ったのは、私だけじゃないはず。
私は保護活動もしてないし、愛護団体にも属してないし
ただの2匹の猫飼いだけど
もし、愛護センターで犬猫のお世話をするボランティアがあったら
やってみたいなと思った。
預かりは、アパートでこれ以上は難しいのでね。
同じように、一人暮らしや住宅事情でペットは飼えないけど
週に数時間の時間を提供できる人は少なくないと妄想。

県政・市政の中じゃスポットの当たらない部署で
寄付もなかなかだろうけど
大々的に寄付も受け付ける体制だったら
例えば1口1,000円でも気兼ねなくできたら
したいなと思った。
多くの人から継続的に寄付を受けられたら、安定収入となるハズと妄想。

愛護団体の方たちだって
行政の肩書の元に取り締まりの活動ができれば
もっと大きく動けるのだろうなと妄想。

私もなんだけど
自分で何かをっていうと腰が引けちゃうけど
行政の旗のついた船を用意してもらえたら
乗っかりますよって人は結構いるんじゃないかと妄想。

日本中が、熊本やドイツのようになるといいな。

うにゃーん
micota
ごろーん
micota
猫又になるまで一緒にいてね、とお願い。



コッタが、やたらと私の顔におけつを向ける。
人気ブログランキングへ & bana-3
これは「こーもん、そろそろしぼって」ってお願いよね?
ってことで、今から久々に絞ります
24.10.2009
comment:2
trackback:0
AERA 民主党政権は犬に優しい
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
表題の記事の公式サイトはこちら
多分、明日くらいまで店頭で販売してると思います。思いますでごめんなさい。
なんせ、ラーメン屋で読んだもので

うーん。なんというか、私
「年収1000万とかの家庭に、子ども手当いらないでしょ?」
「高速代払うよ。それで道を管理してもらってるんだから」
『だから、増税や国債増発はやめれ』
って思ってる派なので
タイトルには違和感ありありなのですが(しかも自民党にも犬好きはいるだろうし)
下記に挙げた記事を読んで
現状を写し出してきた記者さんだからこそ
次のステップとして
取材を受けた議員や、また読者に
変えること、動くことを、働きかけていらっしゃるように思いました。


関連記事は下記。
太田匡彦さんという記者さんが、丁寧に犬についての問題を追っていらっしゃいます。
犬を殺さないドイツの常識
犬ビジネスの「闇」
隔週木曜日は「捨て犬の日」
記者から:「隔週木曜日は『捨て犬の日』」/太田匡彦
こちらから太田さんへ意見が送れます。
「ペットビジネス」の闇
たくさんの方のメッセージを読んでるだけで、勉強になります。


ふと横を見ると
仰向けで、くまさんに脚乗せて、緊張感のないコタさん。
安心してくれてるのかなって思うと嬉しいです。
micota
みんなが、こんなダラダラした寝相できるといいね。

あ、起こした。ゴメン。
micota


ミーコッタのなかまたちを
bana-
たすけてね。
20.10.2009
comment:2
trackback:0
パピーミル
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
さーて、今日も記事を書こうかな、と思ったのですが

ルコママさんの「怒り」という記事を読み、そこから辿って
その元になっている、純情仔猫物語さまというところの「言葉にならない」
更にその元になっている、NPO法人ペット里親会さまのサイトを拝見し
犬猫たちの残酷な状態に、なんとも重い気持ちになっています。

先日書いた「ニュースJAPAN滝川いのちの現場2・3」で取材を受けた
悪徳パピーミルに入っていらっしゃいます。
「パピーミル」とは、直訳で子犬工場。
純血種の母犬・猫たちに、劣悪な環境の中、ひたすら子犬・猫を産ませ続けるのです。

目を覆いたくなる惨状
耳を疑うブリーダーの言葉
それに屈せず、犬猫たちの命を救うべく奮闘されているスタッフの方々。

よかったら、リンク先を読んでみてください。

  良質なブリーダーで心も体も健康に育てられた子たちが
  良識ある飼い主に、適切に大切に、終生育てられますように。
  愛護センター(保健所)や保護施設の存在が、もっと一般に認知され
  そこから里親になる選択肢も得やすくなりますように。

そう祈らずにいられません。(祈るだけじゃダメなんですけどね)



浮かない顔の私を
bana-3
ミーコタが揃ってナメナメしてくれました。

彼らは、いつも私の気持ちに寄り添ってくてれています。
嬉しいような、恥ずかしいような、心強いような、申し訳ないような。。。

08.10.2009
comment:2
trackback:0
動物愛護 EXILEがポスターで訴え
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
動物愛護を訴えるポスターに、EXILEさんが無償協力されたそうです。
会見には鳩山夫人も駆け付けたそう。
有名人が起用されることで、こういったことが世に注目されるのはよいですね。
会見の様子がニュースで出てました。(ちらっとしか見られなかったけど)

以下、yahooより転載。

動物愛護 EXILEがポスターで訴え
10月7日18時57分配信 毎日新聞

 環境省は7日、動物愛護週間制定から60年を記念して制作したポスターを公開した。人気歌手グループ「EXILE」(エグザイル)のメンバーらがモデルとして協力し、会見で「責任を持ってペットを飼い続けてほしい」と訴えた。ポスターは10万枚制作され、駅や公共施設などに張られる。

 環境省によると、国内では毎年約30万頭の犬や猫が殺処分されている。この現状を憂えている音楽評論家の湯川れい子さんが「若い人に広く訴えられるポスターを作りたい」とEXILE側に打診したところ、無償協力の快諾が得られたという。

 ポスターには、EXILEのMATSUさんとTAKAHIROさんが、犬や猫と一緒に納まり、「Love」という文字が書かれている。MATSUさんは「犬を飼っているが、自覚と責任を持って愛し続けたい。30万頭がゼロになるのを心から願っている」と語った。【下桐実雅子】



こうやって、ニュースや新聞でたくさん取り上げられて
どんどん世間に殺処分の現実が認知されていって
殺処分ゼロに向かっていくといいなと思います。

そしてもちろん、私も自覚と責任。
ミーコッタン大好きですよ
snap_micotanikki_20091043238.jpg
ムシされても、バカにされても、尽くしますとも。


ミーコッタと同じ猫たちが幸せになりますように
bana-5
ポチリンとおねがいします

25.09.2009
comment:4
trackback:0
「ニュースJAPAN 滝川命の現場」で検索して来られた皆さまへ
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
9月21~23日のニュースJAPAN内での特集「滝川命の現場」を
ご覧になって、もしくは見逃して検索されていらっしゃった皆さまへ。

私はしがない、いち猫飼いです。
普段はウチの猫2匹との、のほほんな日々を記事にしています。
ニュースJAPANも、たまたま見ていたので記事にしたというものです。
全くのシロートなので、難しいことは何も書けてません。
せっかく開いてくださったのにスミマセン

ただ、その特集で私自身も衝撃を受けたことは確かで
同じような気持ちで検索されている皆さまの助けになればと思い
リンク集を作ってみました。

急いで作ったので、不完全です。
これも載せたほうがいいよ!というサイトがあれば
ぜひ教えて下さいね。

ニュースJAPAN 滝川命の現場①「眠れぬ子犬」 (9/21放送)
公式http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163363.html


ニュースJAPAN 滝川命の現場②「子犬の工場」 (9/22放送)
公式http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163413.html


ニュースJAPAN 滝川命の現場③「最後の願い」 (9/23放送)
公式http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163468.html


ご意見・感想はこちらから
たくさん反響があれば、また取り上げられるかも・・・ということです。
https://wwws.fnn-news.com/nsafe/goiken/index.html
※YouTubeでの視聴は著作権を侵害するものであり
 それを書くことで、意見として反映させることができなくなるそう。
 「YouTubeで見た」旨は書かないほうが良いそうです。
  ↑
 これを書いてあったブログさん、PCの履歴から遡ってますが
 発見できず・・・見つかったら載せます。


ジュルのしっぽ
「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を集め、環境省に提出されました。
http://blog.goo.ne.jp/jule2856/e/9ef66b99e281c37aa402c384206700b6

オンライン署名サイト「署名tv」にて、まだまだ署名活動されていらっしゃいます。
http://www.shomei.tv/project-623.html

純情仔猫物語
”処分ゼロを目指して”というカテゴリがあります。
http://kazurinn.jugem.jp/?cid=11
  ↑
  「捨て猫むっちゃんと私」のルコママさんに教えていただきました。
  ありがとうございます。


よろしければ、こちらも 
  ↓

  ↑
ついでにクリックおねがいします
24.09.2009
comment:2
trackback:0
ニュースJAPAN 滝川命の現場2・3
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
22日放送分の公式はこちら

「パピーミル」つまり、子犬工場についての特集。
糞尿の転がった汚く狭いケージに入れられた母犬たち。
1日1回与えられる餌(水を加えたドッグフード)は暑さで腐り
爪は伸び放題、脚が壊死していたり、またほとんどの犬が皮膚病だったり・・・
とんでもない状況の中で、ひたすら子犬を産まされていた。

いやいやいや・・・
近所の電気屋さんは、毎日大切に売り物の炊飯器を拭いていると言っていた。
行きつけの美容師さんはハサミを大切に研いでいるし
料理人さんも庖丁を研ぐ。
職人さんは工具を磨くし
営業さんは靴を磨く。
キャバ嬢は女を磨く。

どんな職業の人だって、商売道具は大切にするもんだよ?
自分の仕事に誇りを持っているから。

それを、生き物相手に、愛情はおろかプライドのかけらもないその仕事。
ラクして金だけ儲けようとするんじゃないよっっ!!
動物愛護以前の問題だよ!
働くってことをナメんじゃないよ!

感情丸出しでごめんなさい・・・

早急に法規制され、良質な業者だけが残り
動物たちにも、飼い主にも
安心できるペット業界となってほしいと思いました。



続いて23日放送分の公式はこちら

熊本市動物愛護センターでは「殺処分ゼロ」を方針とし
実際、今年4月からの殺処分はゼロになっているとのこと。

素晴らしい!
辛く暗い話が続いた二日間の後で、気持ちが明るくなるお話でした。

が、それ以外の全国では、年間30万頭が殺処分されている。
小さな子犬、病気の治療もしてもらえなかった犬、服を着たままの犬
それらを悪気もなく持ち込む人々。
犬たちは早い市では1日後には殺される。
収容室の壁がガーっと動いて、追いやられる先はガス室。
異変を感じて鳴き出す犬たち。
二酸化炭素が注入され、もがき苦しみながら息絶えていく・・・

犬たちの恐怖を感じた顔
悲痛な叫び声
バタバタと倒れていく最期

これまで、ネットに出ている殺処分の動画は
怖くて見ることができませんでした。
今日は目をそらしちゃダメだ!と思い最後まで見ましたが
可哀想で
怖くて
衝撃的でした。
ショックな映像でしたが、放送されてよかったと思います。
これが目をそらしてはいけない現実なのですから。

ミライもこうなってたかもしれない・・・
恐ろしくて涙が止まらない私を
ミライが隣の部屋からやってきてペロッと舐めました。
「わたしはここにいるよ」って言ってくれたようです。

犬猫の殺処分については
ジュルのしっぽという有名サイトさんが、とても詳しくていらっしゃいます。
犬猫の殺処分方法再検討の要望書」という署名も集めていらっしゃいます。
ネット上で簡単に署名できますので、皆さまもぜひ。
うちのダンナくんも愛読しています。(それは興味ない??)

よかったらこちらも
  ↓

  ↑
クリックお願いします。

22.09.2009
comment:4
trackback:0
ニュースJAPAN 滝川命の現場
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
今、たまたま点いていたテレビで
「眠れぬ子犬」と題して
深夜営業のペットショップについてと
生後8週以下での販売について特集していました。

夜の街で、蛍光灯に照らされ眠る子犬と子猫たち。
深夜、そんな眠りからすらも起こされ、客に抱っこさせられる。
そして、そんな子犬、子猫たちには生後8週に満たないものも多い。
イギリスでは、ペットショップでの犬の販売は禁止
ブリーダーでも生後8週未満での販売は禁止
という内容でした。

衝撃的だったのは、ペットショップ店員の
「だんだん、生き物というよりモノに思えてくる」
の言葉。
吐き気がしました。

この店員が悪徳なのではないと思います。
むしろ、言いにくいことを、よくテレビの前で言ってくれたと思います。
これが、日本のペット業界の現状なのだと思います。

歌舞伎町(映っていたのは多分そう)だけではありません。
うちの近所のペットショップ数店でも
生後4~5週の子犬、子猫たちがショーケースのブースの中で
ポツンと寝ています。
どこでも、ふつうに行われていることなんです!!

以前はかわいいと思っていました。
小さければ小さいほど、かわいいと。

ミライが来てから
なんと可哀想なことが行われているんだろうと思うようになりました。

ミライは、やむを得ない状況で親兄弟と別れ
生後1ヶ月で我が家にやってきました。
コタはもっと早く、生後すぐ母猫と別れてしまい
兄妹猫・凪ちゃんと共に保護主・辻さんの手で育てられていました。

ミライは、今でこそ穏やかな姉さん猫ですが
子猫の頃、とてもひどい噛み癖と異食癖がありました。
一般に、問題行動と呼ばれるものです。
どちらも、早くに親兄弟と離れてしまうことが、原因になることの多い症状です。

コタが来て、驚くくらいすぐに噛み癖は直りました。
異食も少しは減っています。
コタは、1匹になることがなかったせいか、そのようなことはあまりないです。
しいていえば、私の指吸いくらい。

ほんとは、生後2か月(8週齢)まで
親兄弟と一緒に暮らし、豊かな性格形成を行い社会性を身につけさせる
のがよいと、どんな飼育本・猫サイトにもありました。
私は、ミライの身を持って、それを知らされました。

ショップの子犬・子猫たちは、本来それが可能な環境なのです。
なのに、流通の都合で早々と親兄弟と引き離される。
命じゃない、生き物じゃない、商品なんです、モノなんです。
なんだそれ!?

こういった特集が放送されて
それを、こんなちっぽけなブログだけど
受け止めたからには発信しておきたいと思います。
そんなブログがたくさん集まって
そのうち世論になって
法規制されることを祈ります。

ミーコタの仲間たちの大切な命を守るため
そして日本人が
命への感覚をこれ以上狂わせないため
バーチャルゲームのように犬猫を殺し
やがて人を殺し
自らを死刑にしてほしいと願う
そんな危うい命の感覚を変える一歩になってほしいと思ったりします。


深夜になりましたが
今日のうちに書いておきたかったので。

明日も「子犬の工場」とのテーマで放送されます。


よかったらこちらも
  ↓

  ↑
クリックお願いします。


*追記*
この特集のHP、見つけたので貼っておきます。
13.08.2009
comment:0
trackback:0
ワンニャンと暮らしたいなと思ったら
>> 猫を取り巻く環境について / Theme:猫のいる生活 / Genre:ペット
だいぶとコレを書くのにもなれてきたので


バナーっちゅうのを貼ってみました。

いつでも里親募集中


ミライが来るまで、こういうサイトの存在すら知りませんでした。
ネコっていうのは、そこらで拾ったり貰ったりするものかと・・・

たまにノラネコ・ステネコって遭遇しますよね??
捨て犬は、人生でほとんど見たことないんだけど・・・と話していたら

ダンナくんは
「いやいや、ウチの実家では代々捨て犬を飼ってきたし
子供の頃はよく見たよ。捨て猫こそないよ」
いろいろなようです。

まま、現代ではこういうサイトができ
そこらでは出会えなかったワンニャンと
ご縁をつなぐことができるんですね。

あと、地域の動物愛護センター(いわゆる保健所)
から貰うという機会もあります。
特に、愛護センターのワンニャンは、数日の猶予しかない子たちです。

ワンニャンと暮らしたいなって思った時には
ちょっと思い出していただけると幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。